熊本市東区の【とよだ歯科医院】

補綴物(詰め物・被せ物)

美しさと機能性を追求する審美治療
補綴物で治療痕や欠損した歯を修復する

治療内容

治療内容

虫歯の治療痕や欠損した歯を修復する補綴物(詰め物・被せ物)は、一般的な保険治療ですと、いわゆる「銀歯」といわれるギラギラした金属を使用します。
そのため審美的なことや、金属アレルギーが気になるというお声も多くあります。

当院の自費治療では、白いセラミック(陶器)製の素材を取り扱っているので、修復後も補綴物物が目立たず、また変色しにくいのも魅力です。

金属アレルギーの心配がない素材もあり、耐久性が高いなど機能面を追求した素材を取り扱っています。

当院の自費治の審美治療(補綴物)

患者さまのニーズに合わせたご提案

当院では、白いセラミック製を中心に豊富な種類の素材を取り扱っています。
患者さまのニーズに合わせて、希望される色合いや機能性、ご予算などを伺ったうえで、最適な素材をご提案いたします。

自費治療の場合は、同じ白い素材でも患者さまの歯の色合いに合わせて微調整することが可能です。

患者さまに合わせた細かいカスタマイズが可能

自費治療では製作工程が増えたり、使用できる素材の選択肢も多くなるので、患者さまのお口の中の状態やご希望に合わせたものがつくりやすくなります。

患者さまの歯の色に合わせた細かい色彩調整ができる点でもおすすめです。

ホワイトニングや歯並び矯正との組み合わせも対応

自費治療で白い補綴物を使用する際には、周囲の歯をホワイトニングして白さを合わせる複合治療もおすすめです。
さらに前歯など一部の歯並びが気になる方には、取り外し可能なマウスピースを使用した「マウスピース矯正」にも対応可能です。

複数の治療を組み合わせることで、口元の美しさがより際立ちます。

自費治療の補綴物のメリット・デメリット

自費の補綴物 メリット

  • 素材の種類が豊富で、カスタマイズが自由にできる
  • 白い素材なので見た目が美しい
  • 汚れが付きにくく、変色しにくい
  • 耐久性が高い素材もある
  • 金属アレルギーの心配がない(金属を使わない素材の場合)

自費の補綴物デメリット

  • 自費治療なので料金が割高になる
  • 製作工程が多くなる分、治療期間が長くなる

料金

ゴールド

強度があり、耐久性も高く、奥歯に使用するのに最適な金の素材です。

インレー50,000円(税抜)
オンレー70,000円(税抜)
前装、フルクラウン90,000円(税抜)

セラミック

白い陶器製の素材で透明感があり、金属アレルギーの心配もありません。

インレー50,000円(税抜)
オンレー65,000円(税抜)
クラウン110,000円(税抜)
ラミネートベニア100,000円(税抜)

メタルボンド

中が金属で、表面にセラミック(陶器)を焼きつけた素材です。
透明感のある白さと耐久性に優れます。

メタルボンド90,000円(税抜)

ジルコニア 

ダイヤモンドの替わりにも使用される、透明感のある白さと強度に優れた素材です。

ジルコニア 75,000円~140,000円(税抜)

自費治療の補綴物 5年保証制度あり

当院で自費治療の補綴物をご使用の患者さまに対しては、5年間に渡る保証制度をご利用いただけます。

万一、補綴物に不具合があれば、無償もしくは一部有償で対応いたします。

患者さまへメッセージ

患者さまへメッセージ

治療痕や欠損した歯を補う補綴物は保険治療でも対応可能ですが、見た目の美しさや変色のしにくさ、耐久性の高さを求める方には自費治療をおすすめしています。

また、保険治療で用いる素材に金属が含まれるため、金属アレルギーが気になるという方は、金属が含まれないセラミックなどの素材を使用するのが望ましいでしょう。

自費治療は保険治療に比べて割高にはなりますが、メンテナンスをしていけば良い状態のまま長期間使えます。
検討してみたいという方には、詳しいご案内をいたしますので、お気軽にご相談ください。

ご相談はお気軽にどうぞ

TEL:096-368-8078

TEL:096-368-8078

診療時間 9:00~12:30 / 14:00~19:00

WEB予約

とよだ歯科医院オフィシャルサイト

  • 院長ブログ
  • Facebook
  • SJCD
  • WEB予約
pagetop

TEL:096-368-8078